子育て中のママへ。きっとヒントが見つかるはず! 赤ちゃんとママの為のブログ

こそだてナビ

Pregnant woman

お腹とベビーを守る妊婦帯やマタニティベルトって必要?気になるメリット・デメリットとおすすめ商品5選を紹介!

投稿日:2020年2月24日 更新日:

Pocket

一般的に妊娠5か月を過ぎる頃になると、妊婦さんのお腹はだんだんと大きくなってきます。

今まで妊娠中だとわかりにくかった人でも、全体的に丸みを帯びてお腹が前にせり出してくる人もいます。

大きくなってきたお腹を支えるのに、妊婦帯は便利なアイテムです。

また、妊娠中の大切なお腹を温めるのにも、妊婦帯をおすすめされることが多いでしょう。

しかし妊婦帯を使わずに出産を迎える人もいる中で、妊婦帯は本当に必要なアイテムなのでしょうか?

妊婦帯のメリット・デメリット、妊婦帯の種類にはどんなものがあるのでしょうか?

今回は購入を迷い悩んでいるプレママの皆さんに向けて、妊婦帯について掘り下げ、おすすめ商品についてもご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




妊婦帯とは

腹帯

つわりが落ち着いた妊娠5か月を過ぎたころ「戌の日」に神社の安産祈願のお参りに行くと「腹帯」を頂くことができます。

犬はお産が軽く、狛犬のように悪鬼を払い赤ちゃんを守るといった意味もあり、5か月目の戌の日にお参りに行き頂いた腹帯を巻く習わしがあるので、お参りをきっかけに腹帯や現代風の妊婦帯を巻き始める人も多いのではないでしょうか?

昔、この帯祝いには紅白の絹帯地が使われていましたが、これが一般化して実用的なさらし帯に代わりました。

このさらし帯が「腹帯」です。

マタニティ・ベビーグッズでおなじみの犬印本舗はこの腹帯をもっと使いやすくし、昭和15年に「妊婦帯」と名付けました。

妊婦帯の種類

妊婦帯には様々なタイプがあります。順番にご説明していきましょう。

さらし帯タイプ

さらしタイプ

出典:犬印

帯祝いの日に神社からいただいたり、持参して祈祷してもらう腹帯はこのさらし帯タイプに分類されます。

1枚の長いさらし布からできているこのさらし帯タイプの妊婦帯は「岩のようにたくましく育ってほしい」との願いが込められているとされ「岩田帯」とも呼ばれています。

妊婦帯の中では昔からあるオーソドックスなアイテムです。

さらし帯はくるくると巻き取って身体に少しずつ巻き付けていくため見た目のボリュームが気になってしまったり、着用するのに手間がかかる反面、妊婦さんのお腹の大きさに左右されることなく、巻き具合の調整もしやすいといったメリットがあります。

下着の上から巻いてしまうとトイレのたびにまき直しが必要となるため、下着の下に直接まきつけると良いでしょう。

吸水性、通気性に優れるため赤ちゃんが生まれた後は小さく切ってガーゼとして使用してもOKです。

腹巻タイプ

腹巻タイプ

出典:犬印

筒状になっている妊婦帯は腹巻タイプです。

とにかく着脱が楽でずれてもすぐに直すことができるのが最大のメリット。

伸縮性がある素材でお腹を包み込むため保温性が高く、冷えやすい人にはとくにおすすめです。

ガードルタイプに比べると締め付け感が薄いため、就寝時やリラックスタイムにも使用できるでしょう。

しかし、巻き具合が調整できないためおなかが小さいうちは腹巻タイプの妊婦帯はフィット感が足りずもたつきが気になってしまったり、お腹が大きくなってくると今度はサポート力が足りなくなってしまったりするケースもあります。

同じ腹巻タイプでも、下腹部に補強があるもの、サポートベルトがついているセット商品などがあるので、色々調べてみると良いでしょう。

ガードルタイプ(パンツタイプ)

パンツタイプ

出典:犬印

ガードルタイプの妊婦帯はパンツタイプとも呼ばれ、腹巻タイプ同様お腹を全体的にすっぽりと覆う妊婦帯です。

足を通してしっかり着用するので、ずれにくく動きやすいのが最大のメリット。

下着(ショーツ)と一体型になっている商品も多く、お腹同様妊娠で大きくなるお尻もしっかり支えるため、着用後腹周りがすっきりと見えます。

お腹の大きさに合わせホールドするベルトがついている商品も多いので、必要に応じて使用していくとよいでしょう。

しかしガードルタイプは包み込んでしっかり支えてくれる分、太ももの付け根を圧迫して血行を悪くしてしまうことがあります。

着用は昼間のみにして、夜はゆとりのある腹巻タイプなどに変えることで調整することをおすすめします。

サポートベルトタイプ・骨盤ベルトタイプ

サポートタイプ

出典:犬印

サポートベルトタイプ・骨盤ベルトタイプは腰に巻き付け面ファスナーで留めて着用する妊婦帯です。

大きくなったお腹を下からしっかり支え、腰痛の予防と緩和に役立ち、着用に手間がかからないため、愛用している妊婦さんも多いアイテムです。

ぐるぐると巻かないので腹周りもすっきり、着心地良く動きやすいのもおすすめポイントのひとつ。

腹巻とセットで販売されているものは必要に応じて使い分けることができるので便利です。

お腹の大きさや形に合わせ巻く力を調整できるため、産後に使用する骨盤矯正ベルトとして使える商品もあります。

このように産前・産後と長く使用できるサポートベルトタイプは他の妊婦帯よりお得感がありますね。

妊婦帯の選び方

妊娠で大きく変化する妊婦さんの身体をサポートする妊婦帯には、選び方のコツがあります。

極端な体重の変化がなければ妊娠前のサイズと同じサイズを選ぶと良いでしょう(M→マタニティM)。

妊娠前のサイズからの体型変化を想定しているので、焦って上のサイズを選んでしまうと体型に合わずうまく着用出来ないかもしれません。

迷った場合はお店に相談したり、見本や口コミを参考にしてみるのもおすすめです。

また、まれにお腹のサポートのために巻いている妊婦帯が原因で気分が悪くなってしまうこともありますので、異常があったらすぐに着用を中止しましょう。

着用時心配であれば通っている産婦人科などに相談してみて下さいね。

妊婦帯のメリットとデメリット

妊婦帯はつける人とつけない人に分かれるアイテムなので、本当に必要か、何故つけた方が良いのかなど、気になってしまいませんか?

ここでは妊婦帯を着用することで発生するメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

・お腹を冷えから守る

妊娠中は自律神経が乱れてしまったり、血行不良、女性ホルモンの乱れなどで冷えを感じやすくなってしまいます。

手足はもちろん、大きくなって皮膚が薄くなったお腹もしっかりと保温しましょう。

妊婦帯は妊婦産自身とお腹の赤ちゃんの大敵である冷えをしっかりガードしてくれます。

・大きなお腹をしっかり支える

出産に向けて大きく、重くなっていくお腹を支えるべく、妊婦さんは普段と違う姿勢で過ごすことになります。

お腹を下からしっかり支えて固定する妊婦帯を着用することで、姿勢を正しくキープしやすくなります。

・腰への負担を軽減する

妊婦帯を着用することで腹圧を高め腰への負担を軽減するほか、お腹を固定して支える妊婦帯を巻くことで姿勢を正しく保ち、痛くなりやすい腰をフォローすることができます。

また、産後にも骨盤のサポートとして使用することができます。

デメリット

・動いているうちにずれてしまう

お腹を支えるために巻いている妊婦帯が、動くたびにずれてしまってわずらわしさを感じてしまう人もいるようです。

・締め付けすぎて血行が悪くなる

しっかりと固定すると腰や姿勢的には楽になりますが、サイズの合わない妊婦帯や締め付けがきつすぎる妊婦帯などは着用することでかえって血行が悪くなってしまうこともあるようです。

締め付けすぎるとお腹の中の赤ちゃんの動きを妨げてしまうこともあるので、着用するときはサイズ選びやフィット感に気を付けて選ぶと良いでしょう。

不安な時はお店や産院で相談してみるのもおすすめです。

・暑い

夏場の妊婦さんによくみられる口コミがこちら。

夏向きの素材や縫い目が肌に当たりにくいものなどを選ぶのもおすすめですが、体調を見て着用するかどうか決めても良いでしょう。

いくら身体によいものでも、体調を悪くしてしまっては意味がありません。

おすすめ商品

犬印本舗 初めての妊婦帯セット

腹帯犬印

出典:Yahoo!ショッピング

どれを買ったらいいのかわからない!

そんな人におすすめなのが、この腹巻と補助ベルトがセットになったお得な妊婦帯です。

妊娠したらまず腹巻。

初期から中期にかけて着用します。

お腹が大きくなってきたら、下腹部をしっかり支えるように腹巻の上からベルトを巻きます。

ベルトの内側は綿100%で、腹巻には縫い目がなく肌触りが柔らかでかゆくなりにくいのも嬉しいポイントです。

お手頃価格なので入門セットとしてもおすすめですよ。

マタニティベルト

マタニティベルト

出典:Yahoo!ショッピング

こちらは腹帯ガードル部門のYahoo!ランキングで1位を獲得した人気商品。

お腹が目立ち始めて歩きにくさを感じたり、立っているのがつらい、おなかが下がってくるように感じる、お腹が張ったり腰や背中、恥骨のあたりに痛みを感じる・・・などといったお悩みを抱える妊婦さんにおすすめなのが、こちらのマタニティベルトです。

伸縮性のあるベルトはマジックテープで着脱できるので、締め付け感を自分で調節することができます。

背中側が幅広くなっているため、食い込みにくい作りとなっています。

背中と腰は3本のホーンでしっかり支え、腰などの身体の負担を軽減してくれるでしょう。

腹部は100%ポリエステル。

サイドはメッシュ素材となっているので蒸れにくく通気性◎。

国際省令検査合格品なので肌が敏感になりがちな妊娠期も安心して使用できますね。

洗濯ネットに入れれば洗濯することも出来ますよ。

産後は骨盤を固定し安定させる骨盤ベルトとして、産前産後の長い期間をフォローしてくれる強い味方です。

ワコールマタニティ 腹帯

ワコール

出典:Yahoo!ショッピング

こちらはワコールの腹巻タイプの妊婦帯です。

伸縮性のある素材でお腹の変化に対応します。

お腹や腰をすっぽりと覆い包み込み、裏打ちでサポートしてくれます。

肌に当たる内側は吸汗性が良く、快適に身に着けることができます。

締め付け感が薄いので、就寝時やリラックスタイムに着用するのも良いでしょう。

ギフトケースに入っているので贈り物にもおすすめの商品で、安産祈願に持参する人もいるようですよ。

犬印本舗 らくばきパンツ妊婦帯

犬印本舗 らくばきパンツ妊婦帯

出典:Yahoo!ショッピング

こちらはショーツ不要で1枚履きできるガードルタイプの妊婦帯です。

カットソー素材で履き心地が良く、吸汗性にも優れた綿混素材。

ウエストを締め付けすぎず、妊娠でデリケートになったお肌に直接縫い目が触れないというお肌にも優しい作りとなっています。

股のあたりを締め付けすぎないボクサータイプ。

クロッチ部分は妊娠中のトラブルに備え、ナプキンやおりものシートの羽をしまえる構造です。

トコちゃんベルト2

トコちゃんベルト

出典:Yahoo!ショッピング

産前産後のサポートベルトとして有名なトコちゃんベルト。

2018年第10回マザーズセレクション大賞に選ばれた人気商品でもあります。

こちらの商品は骨盤ケアのスタンダードセット。

骨盤の後ろ側やお尻や尾骨が傷むとき効果的なベルトと妊娠中のおなかを温める腹巻(2枚)のセットとなっています。

産前産後だけでなく、妊娠していない人も骨盤ケアの入門としておすすめな商品ですよ。

また、骨盤を安定させる効果が医学的に検証がすすめられている骨盤輪支持ベルトはトコちゃんベルトだけ。

医学的にも高く評価されています。

正しく着用するために、立った姿勢でヒップサイズをしっかり計測して自分のサイズを割り出して購入しましょう。

サイズは、MサイズLサイズLLサイズがあります。

まとめ

あってもなくても良いものですが、あると便利なアイテム。それが妊婦帯です。

5か月目の戌の日のお参りに腹帯をいただく習わしがあるので、この頃から妊婦帯を着用するようになるのが一般的のようです。

着用することでお腹をしっかり保温しながらガードして、妊婦さんとお腹の赤ちゃんを冷えから守ります。

また、大きく重くなったお腹をしっかりと支えて固定する妊婦帯を巻くことで、普段と違う姿勢になって痛めやすい腰を補助したり、産前産後で変化する骨盤のフォローにも役立ちます。

昔ながらの腰にぐるぐる巻きつける腹帯(岩田帯)、柔らかく全体を包み込む腹巻タイプ、お尻までしっかりサポートするガードル型、サポートベルト(骨盤ベルト)の4つのタイプが現在の主流で、自分の体型や体調によって選ぶことができます。

しかしサイズの合わないものを着用すると、動くたびにずれてしまってストレスになったり、締め付けすぎて具合が悪くなったり血行が悪くなってしまうこともあるので、購入するときは気を付けて下さいね。

お店に聞いてみたり、病院で相談してみたり、多くのママの口コミを見てみるのも参考になりますよ。

この記事も参考に!


子育て情報ランキング

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-妊娠・出産・育児
-, ,

Copyright© こそだてナビ , 2022 AllRights Reserved.