子育て中のママへ。きっとヒントが見つかるはず! 赤ちゃんとママの為のブログ

こそだてナビ

あると抱っこが楽になる!1万円以下で買えるお得なヒップシート5選!~使いやすくて安い機能性充実のベビーキャリー(ヒップシートキャリア)~

投稿日:

新しい形の抱っこひもとして、最近じわじわと人気を集め始めているヒップシート。

パパやママがウェストに装着したシートの上に赤ちゃんを乗せて抱っこするというタイプの抱っこひものことを、ヒップシートと言います。

ベビーキャリーが苦手な赤ちゃんや、突然のぐずり、歩かせたいけれど抱っこも必要な時などに、さっと装着し抱っこ出来るため大変便利なんです。

そして、エルゴベビーなどをすでに使用している上で、二つ目の抱っこひもとしてもおすすめするママが増えてきているそうです。

また有名メーカーの商品はヒップシート本体に追加パーツを組み合わせることで、ベビーキャリー(ヒップシートキャリア)としても使用できます。

さらに人気の商品には別売りのインサートを装着することで新生児からも使用可能なものもあります。

このように必要に応じて使い方を変えられるという汎用性の高さも人気の要因と言えるでしょう。

ですが便利で人気なヒップシートほど高価なもの。

新しいからこそ、試してみたいけれどなかなか購入する勇気が持てないという人もいるのではないでしょうか?

ここではそんなヒップシートの購入に二の足を踏んでいるママのために、1万円以下で購入可能なオススメヒップシートをご紹介したいと思います。

ヒップシート本体と追加購入パーツについて

ヒップシートで人気の商品といえば、ポルバンやポグネーなどが有名ですが、そのいずれもヒップシート本体にパーツを装着することでヒップシートキャリアに変身させて使うことが出来ます。

これらはヒップシート本体のみとなると1万円せずに購入出来ますが、ショルダーベルトなどを買い足しする必要があります。

ヒップシートキャリアとして使用する為の付属パーツが最初からついているタイプともなると多少高額となってしまいがちです。

実際試してみたい人は、まずは店頭で試着してみたり、レンタルで利用してみるのもいいかもしれませんね。

しかし2019年3月現在販売されているヒップシートには、1万円をきるお得な商品も珍しくありません。

本体のみ、または追加パーツ込みで1万円以下のおすすめヒップシート5選

赤ちゃんの成長には個人差があるため、使用開始のタイミングがずれることもあります。

kerata(ケラッタ)ヒップシート

kerateヒップシート

出典:楽天

3,000円をきるという懐に優しい価格ながら、対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶ・ヒップシートの4WAYで使用することが出来るヒップシートキャリアです。

ショルダー紐のついたキャリー部分とヒップシート本体は、バックルとファスナーを外すと単独で使用することが出来ます。

ヒップシートは30°の角度がついており、赤ちゃんの身体に負担がかかりにくく、身体を傾けても倒れにくい構造になっています。

ヒップシート単独だけでなくショルダー紐を使用することで抱っこしている人の身体の負担を軽減出来るので、肩こりや腰の痛みが辛いひとにもおすすめです。

シート部分のファスナーを開け、本体から軽量スチロールを取り出せば、シート部分のカバーとキャリーを洗濯することが出来ます。

kerata(ケラッタ)ヒップシート 仕様

  • サイズ:フリー
  • 素材:ナイロン
  • 使用可能期間:対面抱っこ 首がすわる3ヶ月頃〜36ヶ月頃まで
  • ヒップシート:腰がすわる5ヶ月頃〜36ヶ月頃まで
  • 前向き抱っこ:腰がすわる5ヶ月頃~36ヶ月頃まで
  • おんぶ:6ヶ月頃〜36ヶ月頃まで

hippychick/ヒッピーチック ヒップシート

ヒッピーチック ヒップシート

出典:Amazon

ヒップシート本体のみの価格となります。

雑誌でも掲載され、イギリスの整骨院・健康専門家から高評価を得ているヒップシートです。

腰ベルトをしっかりと巻くと背骨が真っすぐになるので、肩・腰・腕にかかる赤ちゃんの体重を均等に分散してくれます。

ウェストサイズは約58〜110cmまで調整できるので、パパと兼用でも使用しやすいでしょう。

こちらのヒップシートは洗濯機により洗濯することが可能です。

hippychick/ヒッピーチック ヒップシート 仕様

  • サイズ・ベルト:全長約1,210×幅135mm
  • サイズ・シート:約幅220×奥行140mm
  • 重量:400g
  • 耐 荷 重:20kgまで
  • 素材・生地:コーデュラ(ポリエステル100%)
  • 素材・シート:ポリウレタン
  • 対象月齢:お座りが出来る6ヶ月から3歳まで

Angelcare ヒップシート

Angelcare ヒップシート

出典:楽天

Angelcareは2009年設立の乳児のためのお出かけ用品専門ブランドです。

6Wayで使用出来るベビーキャリーになるヒップシートキャリアですが、ヒップシート本体のみの販売もあります。

装着しているパパやママのお腹に当る部分は3cmもの厚みがありヒップシートがお腹に当っても痛くなりにくく、腰回りにかかる荷重を軽減してくれる効果もあります。

ヒップシートの座面も柔らかい高弾力クッションを使用、中身は軽量で丈夫な発泡素材(EPP)が入っています。

素材はオーガニックコットン100%で赤ちゃんの敏感な肌にも優しい肌触りです。

Angelcare ヒップシート 仕様

  • 本体サイズ・ウエスト回り:約61cm~112cm
  • 素材・表地:綿100%
  • 素材・裏地(メッシュ部分):ポリエステル100%
  • 素材・無毒性 EPP フォーム
  • 素材・滑り止め部分:ポリエステル100%
  • 使用可能期間:3ヶ月〜36ヶ月 20kgまで使用可能

ベビーアムール ヒップシートキャリア

ベビーアムール ヒップシートキャリア

出典:楽天

ヒップシートと上部のパーツを組み合わせることでベビーキャリーにもなるヒップシートキャリアです。

この商品もジッパーとバックルにより分離可能で、必要に応じてキャリアとヒップシートとを使い分けることが出来ます。

ヒップシートを使用した対面抱っこ・前向き抱っこ・横抱っこの3種類の抱き方のほか、ヒップシートキャリアとして前向き・対面・おんぶといった合計6種類もの抱き方が可能です。

こちらの商品のヒップシートの中身は空洞となっているので、ウェストポーチとして中身に荷物や貴重品を収納出来る他、小さく折り畳んで持ち歩くことも出来ます。

フロント部分のカバーを取り外してメッシュにすると通気性が増して夏でも快適に使用することが出来るでしょう。

取り外して洗濯可能なよだれカバーが3枚付属しています。

ベビーアムール ヒップシートキャリア 仕様

  • 使用可能期間:3ヶ月〜36ヶ月
  • ヒップシート単体の対面抱っこは首がすわってから
  • おんぶは腰がしっかりすわってから

bebenuvo(ベベヌボ) Allnewヒップシート

bebenuvo(ベベヌボ) Allnewヒップシート

出典:楽天

ゾウのキャラクターが可愛いbebenuvo(ベベヌボ)のヒップシートキャリアは、抱っこするママと赤ちゃんのために設計されたとのこと。

こちらの商品も上下でパーツが分離し、ヒップシート単体で使用することのできる6Way仕様。

人間工学に基づき設計されたベルトがお腹に密着しベルト全体で支え、肩ベルトやキャリー部分が肩や腰にかかる重さを分散するため、抱っこで身体にかかる負担を軽減してくれます。

滑り止めやスリーピングフード、安心の二重ロックや多機能ポケットなど、ママが欲しい機能も充実。

ヒップシートの中身もEPPモールディングフォームという一般的な発泡スチロールではなく、圧縮され変形が少なく軽い素材で出来ているため、ヒップシートそのものの重さはかなり軽減されています。

通常価格は税込16,200円とありますが、2019年3月現在8,100円で販売されているので、かなりお得です。

bebenuvo(ベベヌボ) Allnewヒップシート 仕様

  • 使用可能期間:0〜3歳 3〜15kg
  • 首が座る3ヶ月頃から授乳姿勢のような横抱っこから使用可能
  • ベビーキャリーとして使用可能となるのは首が座ってからの対面抱っことなります
  • 前向き抱っこは腰がすわって一人ですわれるようになってからにすること

ヒップシート活用術

折角購入したヒップシートなのだから、様々な場面で活躍させたいですよね。

抱っこの補助や寝かしつけなどの他にヒップシートはどのような使い方ができるのか、最後にご紹介したいと思います。

授乳クッションとして

クッションがあると授乳する時便利ですが、なかなかかさばる大きさがあります。

なので外出先にまで持っていく人はほとんどいないと思います。

ヒップシートにはオーガニックコットンなど柔らかで肌触りのよい素材で作られているものも多いので、授乳クッション代わりとして活用している人もいるようです。

水族館や動物園で

動物園や水族館で子どもの視線の高さからは展示が見えなかったり、そもそも人だかりで見えなかった・・・なんて経験ありませんか?

展示を見る最中ずっと抱っこをしているのも大変です。

そんな時ヒップシートがあれば抱っこの固定もしやすく、必要に応じて上げ下ろしするのが楽になります。

自転車の乗せ降ろし

今や子連れのママの必需品である子乗せ自転車。

子どもの乗降がしやすいように車高自体が低く設計されている自転車もありますが、それでも子どもを座席に上げ下ろしするのって結構大変ですよね。

そんな時にもヒップシートは便利です。

ヒップシートに座らせて抱っこすると固定しやすいだけでなく、子どもを抱えたまま自転車を取り出すことも出来ます。

まとめ

楽天市場などの各通販サイトでは、本体単独で販売されているリーズナブルなヒップシートや、ヒップシートキャリアにする為の必要なパーツが全てセットにされている上でお得な価格で販売されているものがあります。

人気で高価なヒップシートは値段に見合って機能性も充実していますが、リーズナブルなヒップシートも負けてはいません。

ここでご紹介した商品の他にも、使いやすくお得なヒップシートはまだまだあります。

是非お気に入りの商品を探してみて下さいね。

ヒップシートの事をもっと知りたい方はこちらもチェックしてください。

アイキャッチ画像 出典:楽天

-妊娠・出産・育児
-

Copyright© こそだてナビ , 2022 AllRights Reserved.